ホーム‎ > ‎

ICT Challenge+R(あいちゃれ)の今後について

立命館大学情報理工学部は,2011年より,高校生が自由な発想やアイデアを基に作成したソフトウェアを募集するコンテストICT Challenge+R(通称:あいちゃれ)を実施してきました.

コンテストが,その後,大学版,グローバル版へと拡大し,また応募者の年齢層も当初は想定しなかった若年層にまで拡がっていくなか,数多くの素晴らしい作品をご応募いただき,本学部の関係者のみならず,参加いただいた方々と共に,情報技術の素晴らしさを改めて実感することができました.

しかし,この間,自作のソフトウェアの価値を問うたり,技術力を競う場は,本コンテスト以外にも様々に生まれてきています.自己研鑽や腕試しの機会に事欠くことがない状況になりつつあるいま,あいちゃれの意義は,開始当初より薄れつつあると考え,本コンテストは役割を終えたものとして,昨年の”あいちゃれグローバル 2017”をもって終了することといたしました.なお,今後については,本学部の学生の技能や研究の魅力を発信する新たなイベントを計画しております.

これまでコンテストにご協力いただいた皆様,特に協賛いただいた多くの企業・団体の皆様,そしてこれまでご参加いただいた皆様には,心から感謝いたします.
Comments